Miracle Waterをつくる。

mwlab.exblog.jp ブログトップ

「たびカフェ」始めました!

 前回は洋服を使ったファッション系の再生工房のアイデアが生まれた水曜ミーテング。今回は、「新年会」の原型となった「お酒を飲みながら小さい子がいても参加できる音楽イベント」を提案した女性や、アート系のスタッフも加わったことで一気に話が進展した。

「先月行った『新年会』は楽しかったけれど、今後何かをやっていく時には、もっとゆるい感じの方がいいかも」というように、年齢や経歴の異なる人々が、たまたま集った水曜メンバーにとっては、よりゆるやかで、手軽にできる活動がいいという意見が多かった。
e0250097_9405415.jpg
ではどのようにその「ゆるさ」を実現していくかという話し合いの中で、たまたま前日に考えた「Miracle Bookプロジクト」の、「かかわりしろ」を生む「仕組み」だけを作り、あとは勝手に人々がつながっていけるような「状況」を生み出すアイデアを話すと、メンバーは「それいいかも」と言って興味を示してくれた。

旅行などで海外へ行った経験の多い水曜メンバーなら、「世界地図や日本、東京の地図を見ながら『行って良かった場所』や『お勧めの地域』など、頭の中でまだ可視化されてない『知識』を見える形にビジュアル化し、より有用な情報交換ができる場を生み出すことが可能では?」という案が出て来た。
e0250097_9345521.jpg
それに対して、もう一歩進んだ意見として、「旅行だけでなく、『日常』に起きる全ての出来事を「たび」と捉え、これまでに経験してきた様々な「たび」についての面白い知識や情報を、目に見える形に編集し、話し合っていく過程を『たびカフェ』と名付け、それを水曜ミーテングにすればいいでは?」という提案がなされた。

このユニークな案に全員が賛成し、今回のミーテング自体を第1回目の「たびカフェ」にすることが決定。15日(水)には2回目の「たびカフェ」を行う予定の水曜メンバー。旅行や展覧会、コンサートやイベントのちらしや半券といった様々な「たび」の「痕跡」を持ち寄り、それについての知識や情報を共有していく。

様々な国や人種の人々が立ち寄り、面白い知識や情報が得られる海外の安宿のカフェのように、特にテーマを決めることなく、互いに話したいことや、聴きたい情報が集うカフェ。そんな風通しの良い「状況」をまずは、少人数の話し合いの中から生み出していきます。そしていつかは、訪れた多くの人に「水曜日に来ると旅している気分になれる」と言われるような、素敵な「カフェ」になればと思う。
(あべかへき)
[PR]
by mwlab | 2012-02-14 09:51 | 活動報告
line

面白く大切な活動へ興味と関心を注ぐ人の存在を水にたとえ、地域活動での水のありさまを深める為のプラットフォームです。 雑司が谷にはたくさんのみみずくがいます。み・みず・く。


by mwlab
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite