Miracle Waterをつくる。

mwlab.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:記事( 3 )

30秒に1回見っける写真道場!!みっけ雑司が谷!!を終えて

 3月4日(日)くもりの日。

Miracle Waterでは、美術作家の北川貴好さんをお招きして雑司が谷を舞台にワークショップが開催されました。
その名も「30秒に一回見っける写真道場!! 見っけ雑司が谷!!」

いつものアートステーションも"道場"といった雰囲気に様変わり。

e0250097_1539876.jpg


参加者は、地元雑司が谷に住んでいるご家族やチラシを見て興味を持って来てくれた方や雑司が谷のカフェのマスターや学生など。
まずは、師範である北川貴好さんから、道場の心構えが読み上げられる。
それから、参加者の自己紹介や抱負を発表し、いざ雑司が谷のまちへ。
カメラを持ちながらまちを歩くといつもと違ったところに目がいく。
この日は、ちょうど商店街では「外市」という古本市が開催されていたり。。。

18時からは、一日かけてつくった作品の発表会。
参加者それぞれのコンセプトや目標があり、細かいところを見てたり、私の視点とはまったく違う作品を見て同じ雑司が谷でも、こんなにもまちの捉え方が違うのか、と感動しました。個々のカラーが光るワークショップだったように感じました。
参加者のみなさんが思い思いの一日を雑司が谷で過ごし、それぞれの雑司が谷が見っけられたのではないでしょか。

作品はこちらでご覧頂けます。→http://www.youtube.com/playlist?list=PL0A459BF012864A35&feature=plcp

(見っけ雑司が谷!! 若女将 馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2012-03-09 15:39 | 記事

豊島(てしま)の鍋が豊島区へ

 一週間前のTWitter上の告知から、イベントに来ていただく藤浩志さんやL PACKさん、そして告知を読んでくださった方々のお陰で、110回もリツイートされた、明後日25日の「使い捨てされないアーティストになるために」~アーティストだらけの本音ポロリ大会~告知。

当初から特に準備もぜず、ゆるい雑談の会にしていこうという方向で企画してきた会だが、さすがに思わぬ反響もあり、せめてみんなでつくる鍋の量だけは、ある程度の人が来ても困らない準備はしておこうということになった。e0250097_1655841.jpg

そこで、参加アーティストの藤さんに相談すると、藤さんから「2010年の瀬戸内国際芸術祭への出品作品の藤島八十郎の家で使っていた鍋とカセットコンロを2種類づつ、あと包丁を送ってもらうことにしました」というメールが届いた。

個人的にはこれまで同じ「豊島」つながりで、行った人々から「毎日、色んな人が集まって、何かしら面白いことが起こっていた」という噂だけは聞いていた藤島八十郎の家。そこから、藤さんにとって「思い入れの深い」道具たちがやって来ることには、とても感慨深いものがある。

美しい海やのどかな自然がある豊島と、古い路地や懐かしい商店街がある豊島区雑司が谷。2つの風景は、決して同じではないけれど、そこには、その土地に愛着を持った人が住み、長年積み重ねてきたそれぞれの歴史がある。

そんな地域という「場」に根差して活動を始めた私たちMiracle Water。25日(水)の「使い捨てされないアーティストになるために」~アーティストだらけの本音ポロリ大会~は、アートやアーティスト視点のイベントになるけれど、少なくとも雑司が谷で購入した具材の鍋やお酒が満喫できるので、興味のある方はぜひご参加を!
(画像は藤さんが描いた豊島タワーからの風景)

Miracle Park企画「使い捨てされないアーティストになるために」~アーティストだらけの本音ポロリ大会~

日時 2012年1月25日(水)18時から21時頃まで。

場所 東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」2番出口すぐ「としまアートステーションZ

料金 お酒と鍋の具材の実費。家にあるお酒や具材を持ち寄られた方はより歓迎されます。
[PR]
by mwlab | 2012-01-23 16:14 | 記事

みっける写真道場×Miracle Water その1

「カメラ好き」ということで、記録担当(自称)としてMiracle Waterの活動の写真を見よう見まねで撮っていました。そんな中、ある旅行中にMiracle Waterの主宰でもある藤浩志さんも関わっている大阪の此花区にある「此花メヂア」でその出会いはありました。
それが、北川貴好師範が立ち上げた「みっける写真道場」なのです。


その感動を藤さんにお話したところ、じゃあ北川さんとコンタクトをとってみたら?
と思いもよらぬ、私にとってとてもうれしいお話を頂き、さっそく北川さんアプローチ!雑司が谷で写真道場を開くことを目指して活動を開始しました。

まず、としまアートステーション「Z」から3331 ARTS CYDを目指して行われた「Miracle Walk」の様子を作品化することにチャレンジ!

北川師範には、制作した作品を一度提出し、メールで添削をしてもらいOKが出たら公開というプロセスで進めています。

ということで、最初の提出。
師範からのコメント>
評価:もう少しがんばろう!! 
コメント:可能なら、音楽を変えて再提出してください。
という評価。映像に合った音楽を選ぶのは本当に難しい。
気持ちを切り替え、全然違った雰囲気の音楽を探し、コマのスピードもいじりながら試行錯誤を繰り返す。
そして、できたのがこちら。



師範からのコメント>
評価:良く出来ました!
コメント:いいですね

私、馬渕の趣味性が出ていると師範からコメント頂きました。
次回は、雑司が谷を舞台に作品を制作したいと思っています。
一緒に楽しんでくれる仲間募集中です。
(馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2012-01-09 08:55 | 記事
line

面白く大切な活動へ興味と関心を注ぐ人の存在を水にたとえ、地域活動での水のありさまを深める為のプラットフォームです。 雑司が谷にはたくさんのみみずくがいます。み・みず・く。


by mwlab
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite