Miracle Waterをつくる。

mwlab.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北池袋本町商店街の活性化について話し合う「本町鍋」を開催

 雑司が谷を煮る「雑煮」などで散々お世話になっているZギャラリーの東さんの知人からの紹介で、新たな活動の流れとしてつながり始めた北池袋本町商店街。

その商店街活性化のために作られたNPO街づくりネットワークは、周辺にある4つの商店街と、付近の小中学校のPTAの方々を中心に、「ふれあい祭り」などを自主開催している。
e0250097_17183181.jpg
地元に根差した人々の集まりはあるものの、開催したイベントが、なかなか商店街の活性化に結び付かない現状に変化をもとめていた時、私たちMiracle Waterと出会うことになった。

地域の人々の中にある「知恵」や「経験」をツールにして、まずは街に住む人々の日常に楽しみやワクワク感をもたらす活動をと、幾つかの企画をプレゼン。

それに興味を持ってもらい、定期的なミーテングを始め、すでに1か月。

商店街内に活動拠点を持つ、放課後プリンセスというインディーズアイドルグループのライブを中心に据えた「本町公園お花見ふれあいコンテスト」や、「池袋本町探検隊・商店街探索ツアー」といった企画が動き出している。
e0250097_1721457.jpg
そんな企画を今後も生み出していくための企画会議と親睦会を兼ねて行うのが、3月25日(日)の17時から池袋本町「ちいき交流ふれあいサロン」で開催される「本町鍋」。

方向性としては雑司が谷を煮る「雑煮」と同じく、様々な人がお酒や鍋を共にしながら話し合うことで生まれるアイデアやエキスを核にして、街を賑やかにしていこうというもの。

本町商店街関係者だけでなく、雑司が谷のMiracle Waterメンバーや、商店街や地域の活性化に興味のある方なら、どなたでも参加可能のイベントですので、もしご興味のある方は、ぜひご参加ください。

北池袋本町商店街「本町鍋」その1「商店街を盛り上げるための会合」

日時 2012年3月25日(日)17時から。

場所 ちいき交流ふれあいサロン(池袋本町4丁目16番6号、ドラッグスギ隣)

参加費 500円と飲み物は持ち寄り。

お問い合わせ NPO法人街づくりネットワーク(03-5950-9200)
[PR]
by mwlab | 2012-03-21 17:33 | 告知

「たびカフェあそび」すみっこ企画「ミニ地蔵、こっそり作って置いてみよう」開催!

 先週は、0歳児を乗せたベビーカーを先頭に、目白地域の「一人ではなかなか行かない場所」をまったりと巡った「たびカフェ」メンバー。

隔週企画の3月28日(水)には、雑司が谷霊園横の石垣にたたずむ謎のミニ地蔵を自分たちも作って置きに行こうという企画を行う。
e0250097_11521139.jpg
Miracle Waterの活動に興味を持ってくださったある演奏家の男性が、雑談の中で話してくれた、「誰かが作ったミニ地蔵が石垣の穴に置かれている」という情報。

「ならば、そのミニ地蔵を一緒に作って、こっそり穴の中に置きにいけば、町中のある部分が自分のギャラリーになって面白い」ということで開催が決定。

今回はもしかすると、火曜日のMiracle Water Kidsのメンバーも前日に地蔵作りを行い、水曜日に一緒に置きに行くといった共同イベントになるかもしれない。

そういう訳で、3月28日(水)の「たびカフェあそび」は演奏家の方と、Miracle Water Kidsのメンバー、さらにはこの企画に興味のある方はどなだでも参加可能なので、ぜひ3月28日(水)13時30分からの「たびカフェあそび」に参加していただければと思います。

「たびカフェあそび」すみっこ企画「ミニ地蔵、こっそり作って置いてみよう!」

日時 2012年3月28日(水)13時30分から15時頃まで。(いつもの16時頃開始ではありません)

集合場所 「としまアートステーションZ」(東京都豊島区雑司が谷3-1-7、千登世橋教育文化センターB1F、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅2番出口直結)

料金無料
[PR]
by mwlab | 2012-03-21 11:56 | 告知

「モコモコラージュ」制作中

「布をデコレーションしよう」ワークショップを経て、
多くのみなさんが参加してくださり、ついに作品は40作品ほど勢揃い!!!

それらを、つなげていきます!!!

e0250097_1850517.jpg



作品の名前を決定しました。
その名も「モコモコラージュ」!!!

モコモコラボに運ばれて来たぬいぐるみたちが、
解体され、
さまざまな人たちの手によって、
新しい作品に生まれ変わってきています。

e0250097_18551691.jpg

最後は、大きな1枚に布にするのか、それとも横に1列につなげてながーーくするのか。。。
面白いアイデア募集中です!!
まだまだ、デコレーションをしたいという方3月24日からまた遊びに来て下さい。
モコモコラージュ制作中です。

(馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2012-03-19 18:58 | mocomocolabo

ぬいぐるみでデコレーションしよう。続編

mocomocolaboにあるたくさんの素材(ぬいぐるみ)達を使い、
布に自由に飾り付けをしていくワークショップを開催しました。

e0250097_17181465.jpg


黙々と、ぬいぐるみを切り思い思いの飾り付けをする参加者。

なかなかの好評で、たくさんのパターンのかわいらしい作品ができあがってきています。
ワークショップ後、近所に住むお母さんがmocomocolaboを度々訪れては、新しい作品が生まれてきています。

e0250097_17215927.jpg


3月11日(日)には、みなさんが作った作品それぞれをつなげてパッチワークを作る作業をします!
どんなモノができあがるでしょうか。楽しみです。
3月11日13:00〜15:00、お手伝いをしてくれる方募集中です。
布をかざるワークショップも同時に開催します!
興味のある方は是非としまアートステーション「Z」内mocomocolaboまでお越し下さい。

(馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2012-03-09 17:22 | mocomocolabo

30秒に1回見っける写真道場!!みっけ雑司が谷!!を終えて

 3月4日(日)くもりの日。

Miracle Waterでは、美術作家の北川貴好さんをお招きして雑司が谷を舞台にワークショップが開催されました。
その名も「30秒に一回見っける写真道場!! 見っけ雑司が谷!!」

いつものアートステーションも"道場"といった雰囲気に様変わり。

e0250097_1539876.jpg


参加者は、地元雑司が谷に住んでいるご家族やチラシを見て興味を持って来てくれた方や雑司が谷のカフェのマスターや学生など。
まずは、師範である北川貴好さんから、道場の心構えが読み上げられる。
それから、参加者の自己紹介や抱負を発表し、いざ雑司が谷のまちへ。
カメラを持ちながらまちを歩くといつもと違ったところに目がいく。
この日は、ちょうど商店街では「外市」という古本市が開催されていたり。。。

18時からは、一日かけてつくった作品の発表会。
参加者それぞれのコンセプトや目標があり、細かいところを見てたり、私の視点とはまったく違う作品を見て同じ雑司が谷でも、こんなにもまちの捉え方が違うのか、と感動しました。個々のカラーが光るワークショップだったように感じました。
参加者のみなさんが思い思いの一日を雑司が谷で過ごし、それぞれの雑司が谷が見っけられたのではないでしょか。

作品はこちらでご覧頂けます。→http://www.youtube.com/playlist?list=PL0A459BF012864A35&feature=plcp

(見っけ雑司が谷!! 若女将 馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2012-03-09 15:39 | 記事

「たびカフェさんぽ」1回目~目白庭園とその周辺のパン、スイーツ屋さん~

 毎週水曜日の16時頃に集まる人々が、日々の様々な出来事を「たび」に見立て、おしゃべりしながら様々なアイデアを生み出していく「たびカフェ」。e0250097_12115042.jpg

前回は「たびカフェおしゃべり」として、香港旅行に役立つ情報を話し合った。

隔週で小さな企画をやってみようという来週3月14日は、「たびカフェさんぽ」という、0歳児の赤ちゃんが乗ったベビーカーを先頭にして、目白庭園まで散歩することになった。

「たび」の途中には、メンバーお勧めのパンやスイーツのお店にも立ち寄り、お散歩ついでに、お腹も満たそうという、一粒で二度おいしいイベントになる予定。

ご近所にお住まいの方で、このようなゆるいお散歩に興味のある方は、ぜひ私たちと一緒に「小さなたび」をしてみませんか?

「たびカフェさんぽ」1回目~目白庭園とその周辺のパン、スイーツ屋さん~

日時 2012年3月14日(水)15時頃(いつもの16時頃ではありません)

集合場所 「としまアートステーションZ」(東京都豊島区雑司が谷3-1-7、千登世橋教育文化センターB1F、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅2番出口直結)

料金無料(入ったお店の買い物は各自)/予約不要

[PR]
by mwlab | 2012-03-09 12:13 | 告知

藤浩志さん×森司さんトークイベント「モコモコラボ最後の日」開催

 1月のトークイベント「使い捨てされないアーティストになるために」では、約30年間のアーティスト活動の経験をもとに、アーティストとして不可欠な知識や技能について語ってくれた藤浩志さん。e0250097_1111847.jpg

そんな藤さんが、今回は東京アートポイント計画デイレクターの森司さんと共に、としまアートステーションで立ち上げたモコモコラボやMiracle Waterの活動について語ります。

「モコモコラボ最後の日」というタイトルは、当日、ラボの再生素材として使われてきた1000体以上のぬいぐるみの、片づけ後に行うイベントということで名付けられました。

大量のぬいぐるみがいなくなり、きっとガランとしてしまうであろう室内ですが、一人でも多くの方に来ていただき、今後のMiracle Waterの活動や、アートステーションあり方について考えていただきたいと思います。

トークイベント 「モコモコラボ最後の日」

日時 2012年3月28日(水)18:00~20:00

場所 「としまアートステーションZ」(東京都豊島区雑司が谷3-1-7、千登世橋教育文化センターB1F、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅2番出口直結)

スピーカー 藤浩志、森司(東京アートポイント計画ディレクター)

料金無料/予約不要

公式告知「としまアートステーション構想 Miracle Waterをつくる
[PR]
by mwlab | 2012-03-09 11:06 | 告知

閏日の課題が見えた「雑煮」鍋

 閏日ということで、「たびカフェ」おしゃべりだけでなく、18時からは、雑司が谷で最も有名なスポットの一つ、「ZUZUSHII ART LABORATORY(通称・Zギャラリー)」で「雑煮」~震災と原発について考える~を開催した。

直前に2人の参加者が欠席し、イベントには近所でミュージックカフェを経営する男性と、Zギャラリー主宰者・東さんの知人の方、2名の主宰者が集ったこじんまりとしたイベントになった。e0250097_16282733.jpg

東さんのご自宅の台所を使わせていただいたり、カフェ経営男性の包丁さばきの見事さに感心したりで準備を終え、秋田のにごり酒を酌み交わしながら始まった雑司が谷を煮る「雑煮」。

地震が起きた昨年3月11日の14時46分には、表参道や鬼子母神、横浜の寿町などで揺れを感じ、その後、原発や放射能の問題で、それぞれの人が、それぞれの価値観でこの一年を送って来たことが、一人ひとりの体験を聞きながら、少しづつ分かっていった。

お酒の勢いがついてからの話し合いは、地震や原発という話題にとらわれることなく、各自がそれぞれの興味に合わせた話しを繰り出し、Zギャラリーという場に集った人々のエキスの混じり具合は、とてもユニークなものになっていった。
e0250097_1624425.jpg
終盤にはアートステーションの関係者2人も合流し、大量にあった鍋のほとんどはみんなのお腹に収まり、放射能問題に関心のある東さんの希望で、広島、長崎のインタビュー映像をまとめたドキュメンタリーを見た。

今私たちの暮らす日常は、終戦の契機となった原爆の被害ほど過酷なものではないけれど、被災地の人々や放射能によって日常を奪われてしまった人は確実にいる訳で、それらの経験の違いによって生まれる「グラデーション」の不明瞭さが、互いの理解を難しくさせてしまっているように思う。

人と人とが出会うことによって生まれる相互理解と不理解。言葉になりにくい小さな思いや感情をいかに共有していくかが課題として浮かび上がった今回の「雑煮」だった。
(阿部和璧)
[PR]
by mwlab | 2012-03-08 16:32 | 活動報告

雪の降る日の「たびカフェ」おしゃべり香港編

 香港旅行に行くメンバーがいるということでやってみることにした「たびカフェ」おしゃべり「香港の楽しみ」。
e0250097_1323069.jpg
いつもとは変わらないおしゃべり会に、中国茶とお菓子が持ち込まれ、いつも通りのまったりとした雑談を続けていると、一人の女性がやって来た。

以前、青山のギャラリーで会った香港好きの女性が、雪の降り積もる歩きにくい中、このイベントのために雑司が谷まで足を運んでくださったのだった。

そこからは各自が自己紹介をしながら、持ってきた資料を手に、全員でああだこうだと香港の食や観光について話し合った。

初めて来たという人が一人加わったことで、広がっていく様々な話題。
e0250097_1383186.jpg
ある程度は知っていると思いかけていたメンバーの別の一面を知ったり、香港知識の豊富な方が話してくれる体験をもとにした貴重な情報。

そしてそれ以上に、同じ東京に住みながら交わる機会のなかった人が、同じ空間を共有していく中で生みだしていく淡い親密さ。

それはまるでその日降った雪のようにどこか懐かしく、旅の途中でかりそめに出会った人々を思い出させた。

会が終わり、雪が止んだ空の下、それぞれの家路に着く参加者の背中を見送りながら、このよう小さな人の出会いを生むイベントをこれからも続けていければと思った。
(あべかへき)
[PR]
by mwlab | 2012-03-08 13:13 | 活動報告
line

面白く大切な活動へ興味と関心を注ぐ人の存在を水にたとえ、地域活動での水のありさまを深める為のプラットフォームです。 雑司が谷にはたくさんのみみずくがいます。み・みず・く。


by mwlab
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite