Miracle Waterをつくる。

mwlab.exblog.jp ブログトップ

タグ:なごみ ( 5 ) タグの人気記事

ぬいぐるみでデコレーションしよう。続編

mocomocolaboにあるたくさんの素材(ぬいぐるみ)達を使い、
布に自由に飾り付けをしていくワークショップを開催しました。

e0250097_17181465.jpg


黙々と、ぬいぐるみを切り思い思いの飾り付けをする参加者。

なかなかの好評で、たくさんのパターンのかわいらしい作品ができあがってきています。
ワークショップ後、近所に住むお母さんがmocomocolaboを度々訪れては、新しい作品が生まれてきています。

e0250097_17215927.jpg


3月11日(日)には、みなさんが作った作品それぞれをつなげてパッチワークを作る作業をします!
どんなモノができあがるでしょうか。楽しみです。
3月11日13:00〜15:00、お手伝いをしてくれる方募集中です。
布をかざるワークショップも同時に開催します!
興味のある方は是非としまアートステーション「Z」内mocomocolaboまでお越し下さい。

(馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2012-03-09 17:22 | mocomocolabo

「たびカフェさんぽ」1回目~目白庭園とその周辺のパン、スイーツ屋さん~

 毎週水曜日の16時頃に集まる人々が、日々の様々な出来事を「たび」に見立て、おしゃべりしながら様々なアイデアを生み出していく「たびカフェ」。e0250097_12115042.jpg

前回は「たびカフェおしゃべり」として、香港旅行に役立つ情報を話し合った。

隔週で小さな企画をやってみようという来週3月14日は、「たびカフェさんぽ」という、0歳児の赤ちゃんが乗ったベビーカーを先頭にして、目白庭園まで散歩することになった。

「たび」の途中には、メンバーお勧めのパンやスイーツのお店にも立ち寄り、お散歩ついでに、お腹も満たそうという、一粒で二度おいしいイベントになる予定。

ご近所にお住まいの方で、このようなゆるいお散歩に興味のある方は、ぜひ私たちと一緒に「小さなたび」をしてみませんか?

「たびカフェさんぽ」1回目~目白庭園とその周辺のパン、スイーツ屋さん~

日時 2012年3月14日(水)15時頃(いつもの16時頃ではありません)

集合場所 「としまアートステーションZ」(東京都豊島区雑司が谷3-1-7、千登世橋教育文化センターB1F、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅2番出口直結)

料金無料(入ったお店の買い物は各自)/予約不要

[PR]
by mwlab | 2012-03-09 12:13 | 告知

ここは、ダメです

雑草の茂った、広ーい広い空き地がありました。
そこに、こんな注意書きが。

e0250097_17474428.jpg

「ここで弁当を食べないこと!!」

確かに、日当りもよくてついついお弁当を広げたくなる場所かもしれません。
ふかふかした、芝生のような空き地です。そして、何よりとても広いです。

ここで、みんなでお弁当を広げたら気持ちよさそうなんて思いながらも、
土地を持ってる方に迷惑になってしまうのでやめましょう。
でも、いつかこんな風に使われていない空き地をお借りして、雑司が谷でおいしいものを買って、
ピクニックをしてみたいかも。
(馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2011-11-14 17:52 | 気になる空き地

ドレミファソラシ

雑司が谷で大きな鍵盤をみつけました。
どうして、こんなところに?
e0250097_17412271.jpg

誰のピアノなのか?
夜中に近所のネコ達が集まってピアノの練習をしていたら…

とか妄想してしまいます。(馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2011-11-14 17:43 | 気になるもの

地域ねこ、弦巻牛之介くん

 東京メトロ副都心線、雑司が谷駅東の入り組んだ路地の中にある弦巻通りは、池袋の由来ともなった丸池から、神田川に流れ込んでいた弦巻川の上にできた通り。昭和10年、関東大震災後、急速な都市化により汚れた川を暗渠化した上に作られた通りには、赤丸ベーカリーなど個人経営の商店が軒を連ね、「雑司が谷弦巻通り商店街」を形成している。e0250097_10473752.jpg

その商店街の人々が「牛くん」というニックネームで呼ぶ地域ねこ、弦巻牛之助くんは、現在5歳ぐらいの白黒のまだらねこ。商店軒下の特設段ボールハウスに住む「牛くん」は、慣れた人とは一緒に散歩するほどの人懐っこい性格だという。一部の人からは商店会長にも推された彼には、和歌山のスーパー駅長「たま」ほどの知名度はないが、日中の大半を防水、防寒対策の施された段ボールハウスの中でのんびり暮らしている。

「牛くん」の名づけ親で、半年に一度、彼の住まいを作ってあげている赤丸未千江さんによると、「牛くんを囲んで5人ぐらいが餌をあげるだけじゃなくて、病院に連れて行ったり、みんなで可愛がろうという感じになっている。震災の義捐金のために作った牛くんのバッチはいろんな人に買ってもらった」ということで、地域ねことして立派な役目を果たしている。
(阿部和璧)
[PR]
by mwlab | 2011-10-21 10:49 | 雑司が谷地域情報
line

面白く大切な活動へ興味と関心を注ぐ人の存在を水にたとえ、地域活動での水のありさまを深める為のプラットフォームです。 雑司が谷にはたくさんのみみずくがいます。み・みず・く。


by mwlab
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite