Miracle Waterをつくる。

mwlab.exblog.jp ブログトップ

タグ:地域 ( 3 ) タグの人気記事

30秒に1回見っける写真道場!!みっけ雑司が谷!!開催

Miracel Waterでは、3月4日に雑司が谷を舞台にしたワークショップを開催します。

その名も「30秒に1回見っける写真道場!!みっけ雑司が谷!!」
美術作家・北川貴好さんをゲストにお招きして、写真を使ってまちの再発見をするワークショップです。


[日程]   2012年3月4日(日)
[時間]  10時集合 19時解散 (発表会18時より)
[会場]  としまアートステーション「Z」

[定員]   10 名程度(先着順)
[締め切り]    定員になり次第(Miracle Water Blog でお知らせします。)
[条件]   興味を持った方すべて。ただし子供は、飽きっぽくなくやり遂げれる人。
[料金]   無料
[持ち物]   デジタルカメラ(携帯電話可)、お気に入りの音楽(5~6曲)、 可能であれば PC、お菓子(としまアートステーションの Cafe もご利用頂けます)

「30 秒に一回見っける写真道場!」とは?

デジカメを用いて町の魅力を再発見するための、気軽に参加できるワークショップです。手 軽に使えるデジカメを使って、およそ 30 秒に一回シャッターを切り、撮った写真をハイテ ンポのスライドショーにして、お好みの曲とともに一本の映像作品にしていきます。参加者 個々人の感性と、町の魅力が、容易かつ効果的に表現される画期的なシステムです。 これまで大阪の此花や鹿児島、横浜の黄金町などで道場を開催し、今後も日本各地で開催し ていきます。
一日千枚写真を撮るよ!
目標は 1000 枚。それをコマ撮りアニメの手法にすると 2-3 分。最後に、好きな音楽やテン ポ や軽快さがある音楽をつけるとノリノリになってきます。そして youtube などへアップ ロード。このような感じで、街で写真をとにかく撮り続けると、新しい発見がたくさ んあり ます。それが一本の楽しい動画になります。その日のうちに、発表会で見せ合いますよ! 是非みなさん雑司が谷を歩いて撮りまくろう !!

北川貴好


参考映像:こちらの映像をご覧下さい!!
http://mikkedojo.weebly.com/
 
こんな素敵な動画を、みなさんで雑司が谷で撮ってみませんか?ご参加お待ちしております。

[参加方法]
直接としまアートステーション「Z」にお越しいただくか、メールにて下記を明記し、(mwlab@excite.co.jp) へご応募下さい。
*件名 みっける写真道場入門!
*本文 (1) お名前 ( ふりがな )
(2) ご職業 or 学年
(3) ご年齢
(4) 電話番号とメールアドレス
(5) ご住所
(6) 簡単な自己紹介や志望動機
注:制作した映像は、youtube やとしまアートステーションで上映させて頂きます。
[PR]
by mwlab | 2012-02-23 15:40 | 告知

第3回「雑煮」を開催、テーマはMiracleハプニングアート~震災と原発について考える~

 雑司が谷に住む人々を中心に、様々な人が集い、鍋とお酒を囲みながら興味関心のあることを話し合っていくイベント、雑司が谷を煮る「雑煮」。その第3回目が2月29日(水)18時から開催されます。

今回は4年に一度しかない2月29日開催ということとで、会場をMiracle Waterの本拠地「としまアートステーション」から飛び出し、雑司が谷では誰もが知るであろう名物ギャラリー「ZUZUSHII ART LABORATORY(通称・Zギャラリー)」で開催します。e0250097_11431331.jpg

先月、「モヤモヤさまぁ~ず」というテレビ番組で紹介された時には、ギャラリーを主宰する東さんとご主人のティムさんが行った「ハプニングアート」のパフォーマンスに、さまぁ~ずの2人だけでなく、多くのTwitter上の視聴者をも湧かせたギャラリーとのコラボ企画。

原発や放射能問題に強い関心を持つ東さんと、震災から1年が経とうとしている今、人々の生き方や考え方がどう変わったのかに興味を持つMiracle Waterメンバーの声から生まれたこの企画。イベント内では個々人が体験した震災状況や、その後、震災や原発問題にどう向き合ったのか。そして1年が経過しようとする今、何を思うのかを互いの意見を交えながら話し合っていきます。

うるう年という4年に一度のイレギュラーな夜に、雑司が谷で最も奇抜な場所で開催される第3回「雑煮」。果たしてどんなことになるか分からない「ハプニングアート」的展開も期待しつつ、できれば東北の鍋とお酒を交えながら震災後のリアルについて真剣に話し合ってみたいと思います。
(あべかへき)

第3回雑司が谷を煮る「雑煮」

日時 2012年2月29日(水)18時~21時頃まで/予約不要

場所 Zギャラリー(東京都豊島区雑司が谷3-14-9)

集合場所は18時に「としまアートステーションZ」東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅2番出口すぐの千登世橋教育文化センターB1F(豊島区雑司が谷3-1-7)

参加費 鍋とお酒の実費を割り勘(家にあるお酒や具材を持ち寄っていただくと、より歓迎されます)

連絡先 070-5579-8538(としまアートステーション※日曜から水曜までの11時から18時まで)
[PR]
by mwlab | 2012-02-17 11:49 | 告知

マイペースに生きるつわもの達

千登世橋教育センターの文化祭でお世話になったマイペースの会。
マイペースの会は、雑司が谷に住む方々で結成されている高齢者のサークルです。
彼らのうたい文句にある「粗大ゴミにはならないぞ!」の言葉からも強いエネルギーを感じさせられます。
メンバーの誰かがやりたい企画を行うというMiracle Waterと通じるところのある「マイペース」な会なのです。
映画鑑賞や勉強会、旅行などさまざまな企画が行われています。今度は高尾山へ行くそう!!

今回は、「昭和史」についての映像を見て、語らう場に参加させて頂きました。
それぞれの戦争体験や、思うことなどを語らう場で、その中に若い世代の私がいることがとてもいい刺激になったようです。若い人がどう思うのか、どう感じるのかとても知りたがっていました。

戦争についてなどの昔の資料は探せばあるけれども、その時「どんな気持ち」でひとりひとりが生きていたのかはなかなか知り得ない。こういう場を大切にしていきたい。

ところで、高齢者が生きていく上で必要なものは何だと思いますか?
それは、「きょういく」と「きょうよう」なんだそう。

きょういく=「今日、行く」   所がある
きょうよう=「今日、用」  がある

なるほどなー。

e0250097_2221567.jpg

写真は雑司が谷で見つけた親子のゆきだるま。

(馬渕かなみ)
[PR]
by mwlab | 2012-01-16 22:21 | 気になる人
line

面白く大切な活動へ興味と関心を注ぐ人の存在を水にたとえ、地域活動での水のありさまを深める為のプラットフォームです。 雑司が谷にはたくさんのみみずくがいます。み・みず・く。


by mwlab
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite