Miracle Waterをつくる。

mwlab.exblog.jp ブログトップ

タグ:出張 ( 2 ) タグの人気記事

「Miracle Brooch(ミラクル ブローチ)」ワークショップ

 「プーさんツリー」を運んできて行った3331でのワークショップ。

これまでワークショップには参加者としての経験しかなく、一体、ぬいぐるみを使ったどんなワークショップをやればいいのか直前まで悩んでいた。

そんな時、雑司が谷で行われた「らいおん子供洋品店」というバザーイベントで見たtomokowalaさんのブローチワークショップ。
e0250097_1304086.jpg
使わなくなった洋服を切り貼りして綿を入れ、その土台の上に様々な素材を張り付けて、顔型のブローチをつくっていく。

小さな子どもでもできる手軽な作業は、多くの人々に楽しみをもたらしていた。

そのアイデアを勝手に流用して行った小型のぬいぐるみに安全ピンをつけ、ブローチにするワークショップ。

不要とされたぬいぐるみの中にも、欲しくなるものが結構あることから行ってみた作業が、小さな女の子を中心に20人以上の人々が参加してくれるものとなった。

子どもたちの小さな手を握りながら、一緒にブローチを作っていく作業は、何かを一緒につくっていく喜びを自分自身が味わえるものとなった。

出来上がったブローチを胸につけ、「先生、ありがとう」と手を振ってくれた子どもたちの笑顔は、来年には父親になる予定の自分にとって、とてもまばゆく親密なものに思えた。
(あべかへき)
[PR]
by mwlab | 2011-12-19 13:03 | 活動報告

白い視線が痛かった。

千代田アーツ3331でのワークショップのため、約100体ほどのぬいぐるみのプーさんを合体させた「プーさんツリー」をリアカーで運んだ。

雑司が谷から秋葉原までの約2時間、目立つリアカーを引いた奇妙な人物の姿は道行く多くの人々の視線に触れることになった。e0250097_10194799.jpg 

しかし、その多くの人々は何か「痛い」人が通過するのを、視線を合わせないようにして見送るだけで、一定の距離を置いて通り過ぎて行くだけだった。

交差点や写真撮影のため停止した時などに、話をした4、5名の人々は全て女性で、そのほとんどが子どもが興味をもって近づいて来た結果、話をするようになった人々だった。

最近まで関西に住んでいた自分にとっては、もう少し何かしらの反応があるかもと期待していただけに、白い視線が刺さってくるような都内2時間の道のりは、精神的疲れをもたらした。

道ゆく風景の中で特に気になったものは、高架下や公共空間の隙間のような場所に、吹き溜まったように定着してしまったホームレスと呼ばれる人々の存在だった。

時にリアカーや自転車を使い空き缶を運び、廃棄されたダンボールの家に住む彼らの姿と、持ち主から不要とされたぬいぐるみの塊を運ぶ自分の姿。

実はそこにはすでに何一つ境界はなく、何か一つ人生の変転の先に、多くの人々から存在しているのに存在していないように扱われる人生が当たり前のようにある今の時代。

これまで積み上げてきたものの全てが一瞬で失われるような出来事が起きた2011年という年の暮れ、冬晴れの都内を歩きながら、今自分がいる地平の不確かさをもう一度確認した。
(阿部和璧)
[PR]
by mwlab | 2011-12-19 10:21 | 活動報告
line

面白く大切な活動へ興味と関心を注ぐ人の存在を水にたとえ、地域活動での水のありさまを深める為のプラットフォームです。 雑司が谷にはたくさんのみみずくがいます。み・みず・く。


by mwlab
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite